歩き方・道具

1.登山と同じ心構えと装備で入山しましょう

標高400m前後の備中高梁臥牛山コースですが、道によっては上り下りが連続したり、時に急坂や大きな標高差があります。また、道迷い、転落といった危険性もありますので、登山と同じ心構えと装備でご利用ください。最低限度の装備は以下の通りです。中には山の中を歩くと葉や枝で切る場合もあるので、長袖・長ズボン・帽子を必ず着用するようにしてください。晴天・日帰り時でも装備を怠らないようにして下さい。

2.主な準備物

  • ・トレッキングシューズ
  • ・トレッキングポール(登山用ステッキ)
  • ・雨具
  • ・タオル
  • ・体温調節のできる格好、着替え
  • ・昼食
  • ・飲み物(1.5~2ℓ程度)
  • ・高梁川トレイルチラシ
  • ・日除けグッズ
  • ・常備薬
  • ・救急用品
  • ・携帯電話、それぞれの予備電池

2.トレッキング時は、コース詳細が載ったトレイルマップをご利用下さい

無料配布の高梁川トレイル紹介チラシを頼りに安全なトレッキングを事前に入手いただき、最新のコース情報を収集の上、計画を立てて下さい。マップはスマートフォンからでも閲覧することが出来ます。

3.どれくらいの時間がかかるか?

行程にもよりますが、早朝から歩き始め、休憩・昼食も含めると6時間程度はかかります。ですが時間や距離に遅れが出ても慌てないことが一番です。無理をせず、あなたのペースを保ちながらのんびりと歩きましょう。

4.あまり体力に自信がない方へ

普段からストレッチやウォーキングなど、軽い運動でも続けるとようにすると良いです。ただし、コースの中には標高差があり、アップダウンが連続するコースや急坂もあります。トレイル前のみならず、トレイル後もストレッチやケアなど忘れずに努めましょう。

5.トレッキング中のトイレについて

トイレは必ず済ませてからトレッキングをスタートしてください。トイレ設置場所が記載されている場所もありますが、距離が離れている場合もございますので、場所を確認の上、極力施設を利用してください。

6.水分補給について

各自適度に水分補給をトレイル中に行ってください。ただし、コースによっては自動販売機などが見当たらない場合もございますので、しっかりと準備を整えてください。

PAGETOP

Copyright © All Rights Reserved.